So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

第5回王滝森林鉄道フェスティバル(4) [廃線跡・廃車・保存車]

10/9(日)、長野県木曾郡王滝村・松原スポーツ公園で開催された第5回王滝森林鉄道フェスティバル。 

DSC00204-s.jpg

酒井工作所製ディーゼル機関車84号が牽引するタンク列車がやってきた。

レストア苦節17年、この秋にやっと動態復元に漕ぎつけた機関車なのだという。

 

 

DSC00208-s.jpg

復活した姿を四方八方からカメラに収めるファンの方々。

 

 

DSC00211-s.jpg

タンク列車が機回しをしようとしていた時、機回し線には客車列車と2両のモーターカーがいた。
これでは機回しができないのでは・・・
なお、ピースしているサングラスの人は、スタッフをしていたお知り合いさん。

 

 

続きを読む


第5回王滝森林鉄道フェスティバル(3) [廃線跡・廃車・保存車]

DSC00170-s.jpg

10/9(日)、長野木曽郡王滝村・松原スポーツ公園で開催された第5回王滝森林鉄道フェスティバル

体験乗車ができたのは、客車列車だけではなかった。

「りんてつ倶楽部」の保存する軌道モーターカーのうち3両が、デモ走行兼体験乗車を行っていた。

 

 

DSC00176-s.jpg 
第1便では2両が運転された。

王滝森林鉄道が廃止となった後も、関西電力が管理する沿線のダムに向けて人員・物資輸送が行われていた区間があった。やってきたのは、そのために導入された元・関西電力所有のモーターカー。

 

DSC00178-s.jpg 

王滝村での活躍を終えた後は同じ軌間の富山県黒部市・黒部峡谷鉄道へ移籍し、保線車両として平成11年まで活躍したという。私の地元にも縁のある車両だ。

片方にしか運転台のない、「タンタン」と呼ばれるタイプのモーターカー。運転台無しの側の妻面は独特な表情。

 

 

DSC00190-s.jpg 
関西電力のマークもそのままに、美しい姿を保っていた。

 

続きを読む


第5回王滝森林鉄道フェスティバル(2) [廃線跡・廃車・保存車]

DSC00102-s.jpg
長野木曽郡王滝村・松原スポーツ公園で開催された第5回王滝森林鉄道フェスティバル

142号率いる客車列車は、各便とも満員の乗客で大賑わいだった。

 

 

DSC00108-s.jpg 

園内の軌道にはささやかな橋も架けられていた。龍神沢という小川を渡るもので、近くには水神様を祀る祠のようなものもあるそう。この橋を絡めた写真を撮ろうと構える撮影者も多かった。

 

 

DSC00109-s.jpg 

橋を渡ると、道路を渡って掘割区間を上り、折り返し点へ達する。

 

 

DSC00290-s.jpg 

コロコロを手にした作業員が現れた。レールに油を塗っておられるようだ。

 

 

DSC00294-s.jpg 

安全な運行の為には、このような作業も不可欠である。

 

 

 

続きを読む


第5回王滝森林鉄道フェスティバル(1) [廃線跡・廃車・保存車]

長野木曽郡王滝村。

 DSC00287-s.jpg

かつて中央本線の上松駅より伸びていた木曽森林鉄道の一部・王滝森林鉄道が通っていたことで、一部の愛好家に知られている。

 

 

DSC00015-s.jpg 

今年の春、この地で森林鉄道の車両を動態保存する活動について、紹介させていただいたことがあった。 

スポーツ公園内に総延長1㎞以上にもなる線路を敷設し、客車列車を年数回運行するというものである。

しかし車庫の中には、それ以外にも魅力的な車両の数々が眠っていた・・・。ー 

 

DSC00019-s.jpg 

 10/9、王滝村の松原スポーツ公園にて、動態保存車両を運行するイベント「第5回王滝森林鉄道フェスティバル」が開催された。

往年の雰囲気を彷彿とさせる運材列車の運行など、貴重なシーンが見られるイベント。しかも数年に一度しか開かれないとあって、全国から多くの愛好家が集まった。

 

DSC00021-s.jpg 

富山から4時間近く車を走らせ、イベント開始直前に到着。

線路上には、既に主役の運材列車や客車列車が待機していた。 

続きを読む


11/20 埼玉県川口市SKIPシティ鉄道文化祭にて、手こぎトロッコ乗車会を開催しました。 [走れ!手漕ぎトロッコ]

15073357_1310561645653745_2883168819114001340_n-s.jpg
去る11/13(日)、埼玉県川口市のskipシティで開催された「鉄道文化祭」。
鉄道映画の上映やトークショーには、多くの鉄道好きな方々がお越しになられたそう。

 

 

IMG_9948-s.jpg
その会場で我らくろてつの会は、手こぎトロッコ乗車会を開催させていただく運びとなった。
手こぎトロッコが県外に出張したのは今回が3度目、今年8月のJAM以来のことである。

せっかくなので、イベント用のヘッドマークを群馬県会員・丸山氏に製作いただき掲出した。

 

 

IMG_9824-s.jpg
今回はなんと乗車料金が運営さんのおごり。

 

 

IMG_9829-s.jpg
10時開始の予定が、早々に行列ができてしまったので9時半からのスタートに。

 

IMG_9834-s.jpg

親子連れを中心に、乗車待ちの列は途絶えることがなかった。

 

 

 IMG_9830-s.jpg

時には行列が30mを越え、敷設した線路より長くなってしまうことも。
待ち時間は最長で90分近く。この日の乗車人数は過去最高の341名を記録し、用意した乗車記念の切符が無くなってしまうなど想定外の事態が多発するイベントとなった。

 

JAMの時にも指摘があったが、行列についている人たちは30分も1時間も待っている間、他の展示や出店を見ることができない。乗車待ち整理券を発行して、行列から抜けられる工夫をする必要がありそうだねと、当日手伝ってくださった会員・化け猫氏。

恐らく次回の稼働の来年は来年春。その時にはもっと楽しく、快適に乗れる手こぎトロッコになるよう手を加えておきたいところ。

 

当日ご来場・ご乗車の皆様、ありがとうございました。
お手伝いいただいた会員・化け猫氏、skipシティ関係者の皆様、お疲れ様でした。

 

今日はこれにて。お読みいただきありがとうございました。

 

 


交通安全を学べるレイアウトを作ろう。(2) [1畳サイズのレイアウト]

DSC_0037-s.jpg 
10月22日、砺波市の出町子供歌舞伎曳山会館。

DSC_0036-s.jpg
ここで「三世代交流交通安全フェスティバルinとなみ」が開催された。

 

DSC_0038-s.jpg

地域の危ない箇所をピックアップした地図の紹介や、

 

DSC_0039-s.jpg

モニタを見ながら事故を起こさないように自転車を運転するゲーム

 

DSC_0040-s.jpg
暗いところで人や自転車がどのように見えるか分かる装置で交通安全を勉強。

交通安全落語やトークショーも行われた。

 

DSC_0014-s.jpg

そんな中に設置された、1畳サイズのレイアウト。交通安全を学ぶのに、鉄道模型が主体のレイアウトを使用するとは・・・?と、見に来た人は皆、不思議そうな様子。

 

DSC_0023-s.jpg 

どっこい、レイアウトを眺めると皆さん納得。

それではそのレイアウトの世界に、皆さんをご案内。

 d

続きを読む


交通安全を学べるレイアウトを作ろう。(1) [1畳サイズのレイアウト]

レイアウト製作の依頼をいただいた。

「Nゲージのレイアウトで、交通安全のヒヤリハットを学べるものを作ってほしい」

とのこと。 

 

20160926_104915-s.jpg
展示規模は1畳程度を想定ということで、横900mm×奥行き600mmのレイアウトパネルを3枚使用。
かつて北陸新幹線開業時、黒部市の小学生を中心にペーパークラフトの建物を作ってもらって特大レイアウトを作ろうという企画で使用したパネルの一部を再利用。

 

 

20160926_110334-s.jpg

上にスタイロフォームを敷いて、線路や建物の配置を考える。
砺波市のイベントで使用するため、走行車両は城端線のキハ40系列を想定。ダミーの新幹線高架も用意することに。

 

 

20161004_184231-s.jpg 
砺波駅っぽい対向式ホームの交換駅と、 簡単な車庫線が2線。
駅前の道にはささやかなビルや商店が並び、少し離れたところには工場やショッピングモールを置きたい。

続きを読む


うなづき友学館さんにて黒部峡谷鉄道黒薙駅ジオラマ展示中。11/27(日)まで [くろてつの会活動]

DSC_0009-s.jpg

黒部市宇奈月町、宇奈月麦酒館の隣にある「うなづき友学館」。

 

 

DSC_0008-s.jpg
ここでは現在、企画展「トロッコとめぐる90年の旅」が開催されている。

 

 

DSC_0004-s.jpg

この企画展に展示物を貸し出したご縁で、私のジオラマが施設の入口に展示されることとなった。
黒部市立図書館(宇奈月館)が併設されているので、そちらを利用する方にもご覧いただけるようになっている。

 

 

DSC_0070-s.jpg

普段はトロッコ電車模型を静態展示しているが、会員の都合がつくときは走行展示させている。

 

 

DSC_0074-s.jpg

モチーフにしたのは黒薙駅。今夏に開催された国際鉄道模型コンベンションにて、黒部峡谷鉄道株式会社ブースに展示するべく製作したもの。駅あり、橋あり、トンネルあり・・・と、黒部峡谷鉄道の魅力がひとつにまとまったような立地条件がジオラマ化につながった。

先日は黒部商工会議所に貸し出され、東京日本橋富山県アンテナショップ「日本橋とやま館」でも展示され好評を博したとのこと。

 

 

 

続きを読む


10/16 「歩く鐡道展2016秋」を開催しました。 [くろてつの会活動]

毎年春・秋恒例、黒部市内の富山地方鉄道本線や地鉄バスが土休日のみ500円1日乗り放題になる「くろべワンコインフリーきっぷ」。今年の秋は10月の1か月間で実施された。今回より当日の購入ができなくなり、利便性はやや劣ってしまった様子。そんな中でも、この「くろワンきっぷ」を有効活用できる様々な催しが開催された。

10/16に開催された街歩きイベント「歩く鐡道展2016秋」もまたそのひとつ。私ことくろてつの会会長・嵯峨の案内で、黒部の鉄道建設のルーツを探る。

案内役をしていると全然写真が撮れないので、今回は同行してくださった会員たけおじ氏に撮影を依頼した。
以下、特記ないものはすべてたけおじ氏の写真。 

fK1p_62b-s.jpg
今回のスタートはあいの風とやま鉄道の黒部駅前から。参加者は私を入れて11名と予想以上。遠く小矢部市から参加の方もいらっしゃった。

駅前の黒部鉄道・三日市駅跡を示す看板を使って、黒部鉄道(富山地方鉄道本線・黒部エリアの元となった鉄道路線)の解説。

 

 

clhkVozb-s.jpg 
あいの風とやま鉄道黒部駅1番ホーム脇に残存する地鉄駅の名残を解説。
黒部鉄道は三日市駅(現・黒部駅)より桃原(現・宇奈月温泉駅)まで電源開発用資材を運搬することを目的に敷設された。富山地鉄のメインルートが電鉄富山~魚津~電鉄桜井~宇奈月温泉となった以降は黒部~電鉄桜井駅間が「黒部支線」となり、昭和44年まで旅客列車が運行されていた。

DSC_0031-s.jpg 
(筆者撮影)
今も残る地鉄線用のホーム。

 

 

rNXiQ1di-s.jpg 
皆さん、熱心に話を聞いてくださった。

 

続きを読む


10/10 黒部峡谷鉄道宇奈月駅鉄道の日記念イベントの模様 with 手こぎトロッコ [黒部峡谷鉄道]

20161010_093545-s.jpg

10月10日は、黒部峡谷鉄道宇奈月駅で鉄道の日記念イベントが開催されていた。 

 

 

20161010_090220-s.jpg 

今回のおしながき。トロッコ広場では犬釘打ち体験、駅前では鉄道くじ、(書いてないが)駅2階ではHOナローのレイアウトにトロッコ電車の模型が走っていた。

そして恒例の、機関庫見学。

 

20161010_101553-s.jpg 

車庫見学イベント自体は夏休みにも実施されているが、今回は手こぎトロッコで本物の線路上を走れる(しかも無料)というオマケつき。

20161010_105137-s.jpg 

展示車両の後ろに鎮座する手こぎトロッコ。小さい小さいと言われる黒部峡谷鉄道の貨車と並べても更に小さい、くろてつの会の手こぎトロッコ。 

続きを読む


前の10件 | -