So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

神岡レールマウンテンバイク、ついに猪谷を走る。・・・9/11「猪谷関所飛越ふれあい祭り」 [神岡軌道・神岡鉄道・RMB]

20160911_093046-s.jpg 
9月11日、富山市(旧細入村)の猪谷関所館一帯で「猪谷関所飛越ふれあい祭り」が開催された。
飛越間交流の促進を目指す細入・猪谷エリアの人たちが、毎年この時期に開催しているもの。



20160911_094426-s.jpg
美味しい屋台に踊りや流しそうめん、彫刻作品の実演などが行われ、多くの来場者で賑わった。
そして今回、このイベントでは初めてJR西日本金沢支社と岐阜県飛騨市からの出展もあった。

20160911_083038-s.jpg 
飛騨市からの出展、それは・・・ご存知「神岡レールマウンテンバイク『ガッタンゴー』」。

 

20160911_082817-s.jpg 
なんとJR西日本と協議の上、かつて神岡方面への貨車で賑わっていた猪谷駅構内の側線を使用して
レールマウンテンバイクに乗車できるコーナーが設けられたのだ。

20160911_083807-s.jpg 
普段は使われていない側線とはいえ、営業路線の駅で神岡レールマウンテンバイクが運行されるのはこれが初となる。もちろん、保存車両ではない鉄道車両と神岡レールマウンテンバイクが並んだのも、これが初。

 

20160911_084012-s.jpg
ついに神岡鉄道の起点であった猪谷で、レールマウンテンバイクが走る。
喜びに満ち溢れた笑顔で記念撮影をするのは、神岡レールマウンテンバイク事務局の田口さん。
ワイドビューひだ号とレールマウンテンバイクのツーショットが実現したことに興奮気味であった。

 

続きを読む


清水市内線65号・DIYで乗降扉を作ってみた。 [清水市内線65号修繕の記録]

高岡市伏木に保管されている静岡鉄道清水市内線65号に、緊急事態が発生した。
20160710_182618-s.jpg
乗降扉が大破しているのが確認されたのは7月上旬のこと。
すぐさま現場に向かうと、2枚の扉のうち1枚が外れてしまっていた。
 
 
20160710_182628-s.jpg
原形を留めていない乗降扉。入っていた窓ガラスも割れてしまっていた。
 
 
20160710_184933-s.jpg
とりあえずベニヤ板で緊急補修。しかし富山の風雪には到底対応できない。
そこで9月某日、清水鉄道遺産保存会の青木会長とともに乗降扉を復元する作業が行われた。
 
 
 

続きを読む


富山地方鉄道14722-172号・間合い貸切撮影会(2) [富山地方鉄道(鉄道線)]

8月28日、富山地方鉄道14722-172号を「間合い貸切」した撮影会の様子、その2回目。

DSC09470-s.jpg 
営業列車との交換を終えて、発車を待つ14722-172号。夏山バス95号と駅舎越しの並び。

 

DSC09479-s.jpg 
釜ヶ淵~下段駅間、曇り空だったので、本来なら逆光となったはずの山バック構図に。
山は出ていなかったが、立山線沿線の農村らしい風景を撮ることができたように思える。

 

DSC09500-s.jpg 
寺田からの折り返し下り貸切列車は、寺田~稚子塚駅間の稚子塚をバックに。
チラリと剣岳の山頂が顔を出したので、一緒に。

 

 

続きを読む


富山地方鉄道14722-172号・間合い貸切撮影会(1) [富山地方鉄道(鉄道線)]

夏は富山地鉄が最も忙しくなる時期。夏休みになるとアルペン特急が毎日運行され、車両繰りが大変になるのだとか。特に最近では日中に10025-10026-175号の編成も駆り出されるほどに車両不足が深刻なようで、この状況では貸切列車を運行し撮影会を開くなど、夢のまた夢・・・だと思っていた。

そこで私が目を付けたのは、10:13に立山駅へ到着する315列車。この便は立山駅の留置線に入ると、15:00立山駅発の急行電鉄富山行き332列車まで運用が無い。そしてこの運用には10030形が使用されている。
富山地方鉄道鉄軌道部営業課の方に、この列車を10030形と共通運用を組んでいる14722-172号にしてもらい、普段留置される時間のみを利用して撮影臨を運行できないかと尋ねてみた。すると、営業列車との調整が必要ではあるものの、可能だという回答を得ることができた。

8月28日、前代未聞の「間合い貸切列車」は運行当日を迎えた。貸切列車を撮影するタイミングは少ないものの、撮影に参加した方には当日の14722-172号の運用を開示していただけることとなり、事実上1日中14722-172号を追いかけられるようになっていた。

 

DSC09283-s.jpg
この日は電鉄富山発立山行き普通305列車から運用を開始。
朝焼けの常願寺川橋梁で1枚。

 

DSC09290-s.jpg 
夏山と14722-172号を・・・と思いつつ、8月末の開催となったため、朝方の空は既に秋の気配。
田添駅付近で頭を垂れた稲と鱗雲と14722-172号を撮った。

 

 

続きを読む


8/27 「祖泉会堂夏祭り」に出展しました。 [くろてつの会活動]

20160827_164042-s.jpg 
去る8月27日、砺波市祖泉のセレモニーホール「祖泉会堂」で夏祭りが開催された。
セレモニーホールに親しみをもってもらうため、毎年夏にお祭りを開いているのだそう。

 

20160827_183241-s.jpg 
屋外には飲食ブースが多数出店。親子連れを中心に賑わった。

20160827_164135-s.jpg 
企画も色々。太鼓に夜高曳き回しにヨサコイ。結構盛大なものだ。

 

20160827_164235-s.jpg 
我々くろてつの会は、屋内コーナーの一角「鉄道コーナー」の担当として活動した。

 

20160827_162845-s.jpg 
今回も大きめに展開、鉄道模型運転コーナー。

続きを読む


下総鉄道探訪記・・・ノスタルジックな模型の町をゆく(2) [ジオラマ・レイアウト探訪記]

当会会員でもあるHAL氏が製作したジオラマ作品群「下総鉄道シリーズ」が富山・石川で初めて展示されたのは、今から3年前のこと。その際に撮影したスナップを、私はこちら↓の記事で紹介していた。
http://akasaka-tetsudou.blog.so-net.ne.jp/2013-10-10

「1」と銘打ちながら、続編の記事を書かずに「下総鉄道シリーズ」はHAL氏の元へ帰っていった。
 3年の月日を経て、再びその続きを書くことができることとなった。
再び貸出を快諾してくださったHAL氏に、心から感謝を・・・。
(一部に再褐写真があります)

 

 DSC07967-s.jpg
下総鉄道高塚線曽谷駅に停車するキハ126号。
踏切横に店を構える理髪店の2階には、とても小さな植木鉢やジョウロが置かれている。「小さいものの限界に挑戦した」というHAL氏の話が思い出される。
この作品を見学にいらした方々に紹介する際、私は必ずこの植木鉢・ジョウロを引き合いに出す。
皆さん、それを見て感嘆の声をあげられるのだ。

DSC07962-s.jpg
学校帰りの女学生たちが談笑にふける中、列車がホームに滑り込む。

 

20160724_154230-s.jpg
曽谷駅からの線路が本線に合流するあたり。
左手の空き地では、子供達がフラフープに夢中になっている。
ダイハツのミゼットが停まっているのは、「ALWAYS3丁目の夕日」に登場する鈴木オート。
どこかで堤真一氏演じる鈴木則文氏が、自動車修理に汗を流しているかもしれない。

 

続きを読む


第17回国際鉄道模型コンベンション・レゴトレインの展示(2) [レゴトレインの話題]

第17回国際鉄道模型コンベンション、レゴトレイン展示ブースのスナップ紹介、その2回目。

 

DSC09081-s.jpg
気分屋氏作・JR九州キハ71「ゆふいんの森」。
会場ではsauseiji氏作・キハ72との「ゆふいんの森並び」が見られたそう。

 

 

DSC09082-s.jpg
SATO氏のチキ5500形ロングレール輸送編成。牽引機はユウユウ氏作・DE10。

 

DSC09132-s.jpg
お花畑に突っ込むように停められているのは、関山氏作・911ディーゼル機関車と921系新幹線軌道試験車。
話によると、氏が初めて手掛けた新幹線車両がコレだったそう。マニアック!

 

 

 

続きを読む


第17回国際鉄道模型コンベンション・レゴトレインの展示(1) [レゴトレインの話題]

DSC09062-s.jpg
開催から1ヶ月経ってもなお書き終わらない、第17回国際鉄道模型コンベンションの話題
やっとレゴトレインのスナップをまとめる時がきた。

 

DSC09063-s.jpg 
実は今年、レゴブロックの展開する鉄道玩具は発売から50年の節目を迎えていた。
しかし公式的なアナウンスも、お祭りムードもない。ということで、日本のレゴトレイン勢が勝手に記念ブースを製作。 希少な黎明期の商品が多数並べられていた。

 

DSC09065-s.jpg
このチビた蒸気機関車のモデル、今でも発売されているならすぐに手を出していただろう。
原行モデルだとロッド部分を作るのが難しく、なかなか手を出せない。

 

 

DSC09066-s.jpg
そしてこちらはメイン展示。
縦横無尽に張り巡らされた線路、巨大な駅、町並み・・・
やはり、今年もレゴトレインブースは凄かった。

 

 

続きを読む


第17回国際鉄道模型コンベンションのスナップより(4) [ジオラマ・レイアウト探訪記]

8月19日から21日にかけて開催された「第17回国際鉄道模型コンベンション」
その会場で撮影したスナップの紹介、その4回目。

 DSC09035-s.jpg
「日本大学豊山中学校・高等学校鉄道部」さんのモジュールレイアウト
神田・万世橋から御茶ノ水駅にかけてのモジュールが凄かった。
万世橋は交通博物館閉館直前の様子を再現。保線車両置き場に、「出雲」のテールサインを出した寝台車が展示されていたのが懐かしい。

 

 

 

DSC09037-s.jpg 
総武緩行線との立体交差。中央線のレンガづくりの高架橋、運河、どれも丁寧に作られている。

 

 

DSC09044-s.jpg
御茶ノ水駅近くを航行するタグボート。波立つ感じが素晴らしい。
製作方法を聞いてみたかったが、残念ながら製作者さんは不在。

 

 

 

続きを読む


第17回国際鉄道模型コンベンションのスナップより(3) [ジオラマ・レイアウト探訪記]

 8月19日から21日にかけて開催された「第17回国際鉄道模型コンベンション」
その会場で撮影したスナップの紹介、その3回目。


DSC09136-s.jpg

トミックスさんブースでは、トミーテックより今秋発売予定のHOナロー車両が走行展示されていた。

 

 

DSC09137-s.jpg
いかにもナローらしい出で立ち。塗装を変えれば、尾小屋鉄道風味にもなりそう。

 

 

DSC09139-s.jpg
HOナロー参入により、HOサイズのストラクチャーもジオコレから発売されていくのだろうか?
トミーテックが出したHOの建物といえば「母べぇ」の民家くらいしか知らない。

 

DSC09141-s.jpg
TOMIXの方もHOで色々出していらっしゃるわけだし、そろそろ簡単に入手できるHOのストラクチャー分野を開拓してほしいなと思ったり 

続きを読む


前の10件 | -