So-net無料ブログ作成
検索選択

レトロ自販機の新名所!群馬県伊勢崎市「自販機食堂」訪問記(前篇) [魅惑のレトロ自販機]

DSC02367-s.jpg
群馬県伊勢崎市の玄関口、伊勢崎駅。

この地に、私の心をくすぐるような、とあるお店が開業した。
2014年、私が関東や信越を旅しながら巡った「レトロな自販機」。
昭和の時代、深夜のドライバーの心を癒してきたハンバーガーやホットサンド、更にはうどんやお蕎麦がホカホカの状態で出てくるステキな自販機たちだ。

コンビニやファミレスの普及により、年々その数は減り続けている。
しかし2014年11月、この地に「レトロ自販機のお店」が新しくオープンしたというのだ。
恐らく、日本で最後の新規出店となるであろうこのお店、ネットでもにわかに話題になっていた。

そのお店を訪問するべく、私は黒部からやって来た。
そんなことの為に、バカな奴だと思われるだろう。まったくもってその通りだ。

DSC02368-s.jpg
伊勢崎駅前からタクシーに乗り、お店の住所を告げた。すると、
「お客さん、そこなら高崎線の本庄駅からの方が近かったんですよ?!伊勢崎の駅からは結構遠いですよ?!」

と言われてしまった。今度からは気を付けよう。

タクシーで15分くらい走って、目的地に到着。
その名も「自販機食堂」。
この界隈に残存するレトロ自販機の食品製造を手掛ける「株式会社ミトミ」さんの直営店だという。

DSC02371-s.jpg
食堂といっても、メニューは無い。ウェイトレスさんもいない。レジも無い。
なんてったって、自販機で全てが完結しているのだから。

しかし、看板娘さんはいる。お店の前に大きく描かれたツインテールのお嬢さん、名前を「ハコちゃん」と言うらしい。

「ミトミ」のハンバーガーが入っている箱には、このキャラクターが描かれている。

おヒゲが生えているのは、レトロ自販機マニアには有名な群馬県のドライブインチェーン店「オレンジハット」の看板をオマージュしているため。(エプロンの絵柄が看板のマーク)

DSC02372-s.jpg
サイケな感じのするノボリ旗が、来店者を誘う。

DSC02375-s.jpg
いざ、入店!
目の前に現れたのは・・・

DSC02383-s.jpg
WOW!!

レトロ自販機の御三家・「めん類自販機」「トーストサンド自販機」「ハンバーガー自販機」が並んでいる!
入店早々、テンションが上がる。

DSC02412-s.jpg
ここは元々、店主さんのお母様が喫茶店を経営なさっていた場所らしい。
その雰囲気を活かしたお店にしたいという思いから、内装には極力手を加えていない。

DSC02376-s.jpg
「マツコデラックスも食べた!自販機うどん」というPOPが目を引く。
実はこのお店にあるめん類自販機は、2014年3月まで別のお店で稼働していた。
そこが閉店なさった後、日本テレビ系番組「マツコの月曜から夜更かし」でレトロ自販機が紹介された際、日本テレビのスタジオに運び込まれた。そしてマツコデラックス氏や関ジャニ∞の村上信吾氏が、この躯体から出てきたうどんを食べたのである。

そのままスクラップにされなくて、本当に良かった。

 

DSC02378-s.jpg
ノボリ旗パートⅡ。こちらのハコちゃんはノーマル仕様。手にハンバーガーを持っている。

DSC02377-s.jpg
開店を祝した花輪がカウンターに飾られていた。その絵柄は、めん類自販機を見たことがある人なら誰しもクスリとくるものである。

DSC02384-s.jpg
では、最初にハンバーガー自販機を利用してみたいと思う。

DSC02406-s.jpg
元々はハンバーガーだけでなく、様々なホットスナックを提供するために作られた自販機だったのだろうか。
パネルには、箱に入ったオニギリや焼きそばが写っている。
高速のサービスエリアにある、ニチレイのホットスナック自販機のご先祖様にあたるものと言えるだろう。

DSC02385-s.jpg
単なるハンバーガー自販機だと思ったら大間違いである。
Wチーズバーガー(チーズが2種類入っている)、タルタルミート、ベーコンポテチーDXという3種類のハンバーガーが販売されている。
この自販機でしか食べられない、手の込んだオリジナルハンバーガーが用意されているのだ。

DSC02386-s.jpg
こんな所にもハコちゃん。ちなみに、100円玉のみ使えるらしい。

DSC02387-s.jpg
ハンバーガーの値段は250円だが、50円玉は使用できない。
100円玉を3枚投入すると、直後に50円が帰ってくる不思議な仕組みである。
その旨、ハコちゃんがハンバーガー(?)を食べながら丁寧に説明してくれている。

DSC02405-s.jpg
いよいよ、ハンバーガーを注文。
ハンバーガーを温める際の残り時間を表示する部分には、これまたレトロなニキシー管が使用されている。
しかし、一の位は正常にカウントするものの十の位は「5」を点灯したまま動かない。

購入の模様を、動画でご紹介したい。

DSC02388-s.jpg
チャイム音と共に転がり出てくるハンバーガーの箱。そして箱の上部には、ヒゲを生やしたハコちゃんの姿。
ハート形の吹き出しには、中身が何なのか明記されている。

DSC02389-s.jpg
自販機で販売されているハンバーガーには共通することなのだが、チンされて出てくるとパンがシワくちゃになってしまう。
「作り方が雑なんじゃないの?」
と思う方もいるかもしれないが、これが正常である。

ということで、Wチーズバーガーを頂いてみた。
チェダーチーズとmixチーズが使われているらしい。 ん~、たまんない!美味しい!

 念願のランチタイムは、こうして幕を開けた。

以下次回へ続く。
お読みいただき、ありがとうございました。


nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 6

イプ

あけましておめでとうございます。
今年もよろしく。

ハンバーガーの自販機は、昔は富山市内の国道沿いのゲーセン等にありましたが、今は砺波市のドライブイン頼成山くらいかな?

そば・うどん、トーストも懐かしいです。10年くらい前まで小杉にあったのですが、今は閉店してありません。
20年くらい前なら、国道沿いのゲーセンやドライブイン等には、結構あったのですけどね。

うどん・そば、トーストの自販機は、新潟県内に今もありますよ。
by イプ (2015-01-04 19:32) 

T_saga

イプさん、お返事が遅くなってしまいました。

小杉に存在した某店舗を訪ねて、既に廃墟になっておりガッカリしたのもいい思い出です。
富山県内はおろか、北陸3県でレトロ自販機は頼成山のハンバーガー自販機だけという噂もあります。車社会で近年までコンビニも少なかった割には、残念な状況になっておりますね。

新潟県内の自販機群も、いつか訪ねてみたいところです。
by T_saga (2015-01-07 20:18) 

イプ

あと怪しいのは、高岡のオートスナックぞうさん。
最近、行ってないけど。
朝日町のロータリーもなんかあったような・・・。
昔はハンバーガーの自販機あったけど、今は無い。

ご存じかと思いますが、参考に。
http://www3.famille.ne.jp/~nom/index.html
by イプ (2015-01-07 20:33) 

T_saga

イプさん、コメントありがとうございます。

オートスナックぞうさん、名前は聞いたことがありますが、どこにあるのかイマイチ知らなかったので調べてみました。フラッと行けそうな場所なので、近いうちに訪問してみたいところです。
by T_saga (2015-01-09 17:20) 

梶野 昌枝

個人的なのですが販売機用の冷凍ハンバーグが手に入ればありがたいです。
いいかがでしょうか。
by 梶野 昌枝 (2017-02-13 21:31) 

T_saga

梶野 昌枝様、コメントありがとうございます。
確かに、あのハンバーグを家庭でも楽しめたら・・・と思いますが、それ単体で販売するとなるとアイス用のフリーザーが必要ですし個包装や販売の手間もありますし、なかなか大変なのだと思います。
by T_saga (2017-02-14 22:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL: