So-net無料ブログ作成

ひたちなか海浜鉄道と「終着駅サミット」(3) サミット、その帰り道すがら [千葉・茨城の町と鉄道]

7/30、茨城県ひたちなか市・ひたちなか海浜鉄道を舞台に開催された「第4回終着駅サミット」+「第3回ローカル鉄道サミット」。  

DSC08452-s.jpg
基調講演は、鉄道大好きミュージシャン・向谷実氏。
鉄道から生まれるスマイルについてをテーマに、各地の鉄道会社の取り組みを紹介していた。

笑いあり音楽あり、楽しい講演だった。 

 

DSC08457-s.jpg 
講演中のスナップより。若桜鉄道で行われた、バイク愛好家を巻き込んだイベントの様子。

鉄道ファンならずとも楽しめるイベントを企画することによって、本来無かったはずの需要が生まれる。
それで楽しいひと時を過ごせたら、バンバンなのだ。

 

DSC08475-s.jpg
そうそうたる顔ぶれのセッション。
ひたちなか市長・本間氏
ひたちなか海浜鉄道・吉田社長
和歌山電鐵・礒野専務
若桜鉄道・山田社長
京都大学・中川教授(朝日町・ヒスイ海岸スーパーライトレール構想でもお世話になっている)
ほか。

 

地元聴衆の関心は、ひたちなか海浜鉄道の延伸について。
吉田社長は、「交換駅を増やしたり、車両を増やす必要もありますから、少し時間がかかると思います」としつつも、延伸による需要の拡大や利便性の向上など、夢のある話が語られた。

 

 

DSC08466-s.jpg
次回は広島県広島市・可部線の延伸により来春開業するあき亀山駅付近で開催されるとのこと。

今回以上に遠方での開催だが、行く事はできるだろうか。

 

DSC08488-s.jpg 
サミット閉会時、ひたちなか市長より、広島の担当者へタブレットが手渡された。
終着駅サミットで恒例となった、引き継ぎのパフォーマンスである。

 

 

DSC08506-s.jpg
阿字ヶ浦駅に戻りがてら、駅付近の畑から列車を1枚。

「あそこの林から出てくるところを撮ると、いい感じなんだよ。」

と、近くで畑仕事をしていた農家の人たちが教えてくださった。

 

 

DSC08532-s.jpg
この列車で勝田駅へ向かおうかと思ったが、上野へ帰る列車にはまだ余裕があった。

フラリと途中の駅で降りた。ホームに咲き誇る花が美しい駅だった。

 

 

DSC08535-s.jpg
ここは中根駅。駅名板に描かれているのは、近くにある古墳。隣の「高田の鉄橋駅」は2014年に新設された駅。

 

 

DSC08536-s.jpg
花壇に咲き乱れる花は、近くの小学生や地域住民によって手入れがなされている。

 

 

DSC08538-s.jpg
駅でノホホンとしていると、犬の散歩をするお爺さんが声をかけてきた。
暫く雑談をしていると、そのお爺さんもこの駅の手入れに尽力しておられる方だと分かった。

「大地震で湊線が動かなくなったことがありましたが、頑張って復旧したときは本当に嬉しかった。
その後から、中根駅に花を植えたり、手入れをする活動が始まったのです。湊線への恩返しのような気持ちでね。」

 

 

DSC08545-s.jpg
お爺さんの話からも、湊線が地域住民から愛されている様子が伝わってきた。

しばらくするとお爺さんは、犬を連れて夕焼けの中に消えていった。

 

 

 

 

DSC08556-s.jpg
この辺りはしばらく直線が続いている区間で、田んぼの中を快走する気動車を撮影することができる。

 

 

DSC08559-s.jpg
周囲に高い山が無い、広い空とともに眺める列車の姿。

 

DSC08566-s.jpg
四種踏切から勝田方。のどかな風景の中に伸びる轍。

 

DSC08571-s.jpg
そろそろ帰る時間。
元JR東海のキハ11が単行でやってきた。

 

 

DSC08573-s.jpg
那珂湊駅での併結作業時には見られなかったが、勝田方には終着駅サミットを記念する特製ヘッドマークが取り付けられていた。
マークに描かれた夕焼けの中に伸びるレール、先程私が眺めた風景のようだ。
那珂湊駅の駅ネコ・おさむとミニさむがその先へいざなうように微笑んでいる。

 

DSC08579-s.jpg 
ひたちなか海浜鉄道は、日帰りで訪問するべきところではないと思う。
少なくとも1泊2日くらいは時間を割いて、ゆっくりいろんな風景を眺めたい。
駅の近くにあるお店をフラフラするのも良さそう。
阿字ヶ浦ちかくの民宿にも、また泊まりたい。

・・・帰るそばから、次回訪問時のプランを練りはじめるのだった。

 

今日はこれにて。
お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0