So-net無料ブログ作成

さらば糸魚川快速の旅(1) [信越本線の思い出]

DSC02532-s.jpg
くろてつの会 会員有志を集めて正月旅行へ。
黒部駅よりあいの風とやま鉄道・えちごトキめき鉄道を乗り継ぎ糸魚川へ。

 

 

DSC02533-s.jpg
ホームにはカメラを持ったファンが多数。会員たちもホームでカメラを構えて、今日の主役の到着を待つ。

 

 

DSC02539-s.jpg
北陸新幹線開業後、糸魚川地区と新潟市を直結する列車が無くなってしまった代わりに、485系6両編成を利用した快速列車が1日1往復設定された。しかし利用者低迷から、今年3月のダイヤ改正をもって廃止されることが決まってしまった。

特急「北越」の廃止、特急「いなほ」のE653系化により、定期運用をもつ485系はこれだけになっていた。 この列車が廃止されることは、日本全国で半世紀近くに渡った485系の定期運用にピリオドが打たれることを意味している。

 

 

 

 

 

DSC02542-s.jpg

えちごトキめき鉄道線内では、グリーン料金不要でグリーン席を利用できる。
始発駅からグリーン車を堪能しようという人たちが行列を作っている。

 

大糸線のキハ120と顔を合わせるのも、あと僅か。

 

 

 

DSC02544-s.jpg

我々もこの列車に乗り込み、終点の新潟を目指す。

 

 

 

折角なので車内放送とデッドセクション通過時の消灯を撮影。
最近の車両はデッドセクションを通過しても室内灯が消えない。こうして車内が暗くなる様子も過去のものになりつつある(他の路線では、七尾線の415系等で体験可能)

 

 

DSC02549-s.jpg

途中、どこの駅だったか、構内で入換を行う新型車両・E129系が並走。
115系の天下であった新潟地区も、殆どこの車両に移行してしまった。

 

 

DSC02553-s.jpg
冬だというのに穏やかな日本海。晴天ということもあり、カメラを向ける人も多かった。

 

DSC02556-s.jpg

それにしても、豪雪地帯である上越・中越地区にも雪が無い。車窓は晩秋のまま時を止めてしまったかのよう。

 

 

DSC02558-s.jpg

長岡を出る頃には立ち客が通路に並ぶほどに。この列車、柏崎以北では利用率が高いらしい。

 

 

 

DSC02563-s.jpg

2時間少しの乗車で、終点の新潟に到着。

 

 

DSC02566-s.jpg

新潟駅に来るのは5年ぶりのこと。いつの間にか駅東口側の外れに8・9番線が作られていた。

 

 

DSC02567-s.jpg

新潟駅では高架駅化工事が行われており、それに伴うホームの移設が行われた様子。

 

DSC02570-s.jpg

到着直後、停車している115系を発見。現在運行されている115系は、殆どがこちらのカラーリングらしい。

 

 

DSC02575-s.jpg

色褪せたボディに余命の短さを感じる。

 

 

DSC02571-s.jpg
E653系「いなほ」が到着。新潟~酒田~秋田を結ぶ特急も明るい感じになった。

 

 

DSC02626-s.jpg

115系の連結面など、つい2年ほど前までは有難がって撮るものではなかったのに。

 

DSC02628-s.jpg

駅ホームの地下通路。旧富山駅にもこんな通路があった。

 

以下次回に続く。

お読みいただきありがとうございました。 

 

 


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 2

関山

利用者居るのに(廃止だからと乗りにきた愛好者以外が多数なのに)廃止するのって「廃止のための廃止」というか、JRの政治的な理由での廃止という感じがして凄く不愉快です。而も代替列車もないのに。車両老朽化なら最悪近郊形(129系)でもいいのに。

by 関山 (2017-01-24 19:36) 

T_saga

関山さん、コメントありがとうございます。
一部区間では今後も代替列車の運行が行われるようですが、糸魚川からのアクセスが悪くなるのは事実です。代替列車も恐らく、今より短い編成で運転されることでしょう。混雑が激しくなる可能性もあり、不便になるのは避けられない見通しです。
えちごトキめき鉄道との乗り入れが面倒だとか、そういう面もあるのでしょう。残念です。

by T_saga (2017-01-24 20:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0