So-net無料ブログ作成
検索選択

【緊急のお知らせ】会長の名をかたる不審電話について [雑記]

最近、「嵯峨拓也」(くろてつの会・会長)の名をかたり、オレオレ詐欺まがいの電話を各方面にかけている不届き者がいるとの情報をキャッチしました。

いくら金欠とはいえ、人様から金をせびるような電話はいたしません。

「嵯峨拓也だけど」と電話口で言われても、安易に信用しないでください。

電話がかかってきたら「うるせぇ、ピザ投げつけんぞ」とでも言って切ってやってください。

よろしくお願いいたします。

くろてつの会 会長  嵯峨拓也


謹賀新年 平成27年元旦 [雑記]

みなさな、新年あけましておめでとうございます。
皆様のご多幸を、心よりお祈り申し上げます。

本年も「くろてつの会」を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

本日、黒部市の方々に配布されたミニコミ誌「ニコニコタウン」にて、私の投稿が紹介されております。
その内容をここに転載して、新年のご挨拶とさせていただきます。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



いよいよ今年3月に、北陸新幹線が開業しますね。富山県の半世紀越しの夢が叶う時が、すぐそこまで近づいています。黒部市に誕生する黒部宇奈月温泉駅から、東京へは一番早い「はくたか」号で約2時間20分。いままでよりもっと早く、もっと快適に移動することができるようになるでしょう。また鉄道では訪ねることが難しかった長野県一帯が新幹線の沿線地域になりますから、旅先の選択肢も増えることでしょう。



 関東の方々も、北陸新幹線の開業を楽しみにしているようです。ある旅行会社の調査では、北陸新幹線開業後に行ってみたい観光地の第一位が、黒部峡谷のトロッコ電車だったそうです。開業を機に、黒部を訪ねる方も多くなるのではないでしょうか。



 この新幹線開業について「私には関係のないことだ」と思っておられる方もいらっしゃるかもしれません。ですが、それは違うと私は思います。お客さんが観光地や旅行先を訪ねて、印象に残る事は何でしょう。私は、現地で逢った人との思い出が、大きく影響すると考えています。



 以前、私が静岡県富士市という場所を訪ねた時のことです。ガイドブックに載っているような飲食店も無い場所で電車を降りてしまい、どうすればいいか悩んでしまいました。とりあえず駅前のお店に入り事情を話すと、驚いたことに店員さんだけではなくお店にいたお客さんまでもが、遠く富山から来た大切な客人だと喜んでくださりました。そしてこの地域の色々なお話を聞かせてくださり、ガイドブックを読んでいるだけでは分からないような素晴らしい見どころを教えていただけたりと、手厚くもてなしてくださったのです。私はその時の嬉しさ、楽しさが忘れられず、今でも時折富士の町を訪ねに行きます。



どれだけ素晴らしい観光スポットでも、どれだけ美味しいグルメがあっても、接してくださる人の態度が悪いのでは良い印象も残りません。逆に、現地の方々との温かい触れ合いは、目立った観光地が無いような場所でも大きな意味を持つのです。



観光に来た人たちにとって、それは何気なく立ち寄った飲食店の店員さんの対応であったり、道に迷っているときに助けてくださった地元の方の思いやりであったり、駅から乗ったタクシーの運転手さんがくださるアドバイスであったり。些細な事ですが、その積み重なりがあって「また黒部に来たい」という気持ちを持っていただけるのではないかなと思うのです。



黒部の人がみんな、観光地や名店を知り尽くしたプロになる必要はありません。どんな時でも、出会った人に優しく接する気持ちを持ち続けること。それが、黒部を元気にしていく第一歩なのではないでしょうか。

 新幹線の開業を、黒部の皆さんが揃って暖かいムードで迎えられますように。私はそう願っております。




クリボッチを楽しもう!地鉄電車のケーキを作ってみた [雑記]

「クリスマス」・・・その言葉が、楽しみではなくなったのはいつ頃からであろうか。
その言葉に憂鬱さを思い浮かべるようになったのは、いつ頃からであろうか。

クリスマスを独りで過ごす人の事を、最近は「クリボッチ」と言うらしい。
彼氏、彼女、家族・・・その誰とも過ごさないクリスマスは、何と虚しいものだろう。そう思った人が、そう名付けたに違いない。

しかし、本当にそうだろうか。

クリボッチと称される人たちに、今一度問いかけたい。
クリスマスは本来、誰もが楽しむべきイベントではなかったか。
「リア充」と呼ばれる人たちに嫉妬や憎悪を抱くためだけに、クリスマスは存在するとでも思っているのか。


クリスマスは人を妬む為にあるイベントでは無い。楽しむ為にあるイベントなのだ。
思い出してみようではないか、クリスマスを待ちわびながらカレンダーとにらめっこをしたあの日々を。
枕元のプレゼントに一喜一憂したあの頃のことを。
全国約3000万人(タケオ君調べによる)のクリボッチ共に、私は言いたい。

レッツ・エンジョイ・クリボッチ!!

・・・と。

DSC01894-s.jpg
クリスマス当日は夜勤なので、1週間前倒してクリスマスパーティー(クリボッチ・パーティー)を開くことにした私。

もちろん、参加者は私だけだ。

しかし、独りなら好き勝手なことができる。
折角なので、前からやりたかった「手作りケーキ」に挑戦してみることにした。

市販のスポンジケーキ(5号)が主役。

DSC01895-s.jpg
ナイフで、作りたいケーキの形に整形。コンロで少し温めると切りやすかった。

続きを読む


お知らせ [雑記]

当ブログの更新を楽しみにしておられる皆様へ

まことに申し訳ありませんが、

諸般の事情により当面の間更新を休止いたします。

再会の折には、また皆様に楽しんでいただけるような記事を公開できるよう頑張りますので

何卒よろしくお願い申し上げます。

くろてつの会 嵯峨


秋葉原で見つけた、謎の16番ゲージ機「ED70」 [雑記]

先日、秋葉原の模型店めぐりをしていた時の事。

初めて入った模型屋さんの16番ゲージコーナーに置いてあった機関車に一目ぼれ。手の届くレベルの値段だったため衝動買いしてしまった。

DSC05572-s.jpg
それがこの、ED70形交流用電気機関車。
北陸本線で活躍した、量産機としては日本初の交流電気機関車である。

しかしこの商品、外箱が無く詳細がよく分からなかった。
そこで鉄道模型に詳しい知人に鑑定してもらったところ、興味深い事実が明らかとなったのだ。

続きを読む


お知らせとお詫び [雑記]

いつも当ブログをご覧くださっている皆様、ありがとうございます。

そんな皆様には大変申し訳ありませんが、本日より当面の間、ブログ更新を休止させていただきます。

再開の折には、またご贔屓くださいますようお願い申し上げます。

伝説のトンデモ模型会社・東京堂の419系を眺めてみる [雑記]

皆さんは覚えていらっしゃいますでしょうか。東京堂モデルカンパニーという模型メーカーがあった事を。

マニアの間では「頭狂堂」と揶揄された、伝説のトンデモメーカー。
歪みと経年変形のひどいレジン整形のモデルを高値で販売、
足回りがトミックスなど他社製品を無断で組み込んだものだった、
しかもその足回りを引っこ抜いた車体をメーカー直営店でジャンク品として売っていた・・・
など、悪評の高さは他の追随を許さないレベルでした。

この会社が末期に発売したのが、「東京堂TEXT(テクスト)」というブランドの419系と715系でした。
小田急ロマンスカーEXEや80系などの発売予定も発表されていましたが、形になったのはこの2モデルだけ。
2001年に製品化を発表したものの、色々あって2006年ごろにやっと発売。開発コストがかさんで高価なモデルになった割には出来がチャチく、購入者からは非難轟々。結局、このモデルが東京堂にトドメをさしてしまったようです。

2009年に突如直営店が閉店。公式HPも閲覧不可となり、事実上の「夜逃げ」をする形でこの世から消えさった、東京堂モデルカンパニー。

私も2006年に「片食パン」の東京堂TEXT・419系3両セットを購入し、富山高専鉄道部の運転会で走らせていました。
しかし、後年発売になったマイクロエースの419系に押し出される形で売却。
そのまま、東京堂の製品は忘却の彼方へ消え去っていくものと思っていました・・・

 DSC07749-s.jpg
先日、石川県小松市・土居原ボンネット広場で偶然見つけた東京堂TEXTの419系。
基本・増結の6両セットで2000円という超破格値で、「購入代金はボンネット広場の管理・維持費になります」ということだったので買ってしまいました。

同じ日に小松駅構内で開催されていた雷鳥レイルクラブの鉄道模型運転会場で早速走らせてみましたが、走りはそんなに悪くない様子。

では、この東京堂製品が「頭狂堂」たるゆえんはどこにあるのか。
あらためて製品を見てみましょう。

 

 

 

続きを読む


「下総鉄道シリーズ」展示の前に・・・ [雑記]

北陸新幹線の列車名が「かがやき」(東京金沢速達便)「はくたか」(同各駅停車便)「つるぎ」(富山~金沢便)「あさま」(東京~長野便)に決定しましたね。

私個人としましては、「かがやき」推しだったので実現してとても嬉しいです。しかし「かがやき」は黒部宇奈月温泉駅に停車してくれるのか・・・?してくれたら、それはとっても嬉しいなと思う私です。

 

以下本文

 

明日開催の黒部峡谷鉄道・鉄道の日記念イベントで展示される、当ブログ常連のHAL氏製作による「下総鉄道シリーズ」。

「くろてつの会」活動に興味を持たれたHAL氏が、「私の作品を多くの方に楽しんでいただける機会があれば・・・」という願いを私に託してくださり実現する運びとなりました。 

 

DSC07007-s.jpg
ジオラマ4作品をお借りした際、ご自身がかつて展示会を開催された時に使用されたというPOPを一緒に渡してくださいました。
描く作品の説明書きと概要が紹介されています。

 

DSC07009-s.jpg
このようなプリントは保護しておかないとグシャグシャにされてしまうものですから、硬質カードケースを買ってきてセットしてみました。

いい感じ!

 

DSC07011-s.jpg
後にデータでお送りいただいた写真集のPOPも印刷してカードケースへ。
本来ですと背景にピクニックカバンのような模様が入っていたのですが、自宅の印刷機では出力されませんでした。なんでじゃ・・・

 

DSC07012-s.jpg
ものはついでに・・・と、こんな物も作ってみました。

 

そしてさらに、今回の展示には必ず必要になるであろうモノを自作する事にしました。

 

 

続きを読む


無事報告 [雑記]

先日の記事にて「とんでもないこと」になっている旨を報告した嵯峨家。

無事に八木アンテナも元の位置に戻り、美味しいご飯にポチャポチャお風呂、あったかい布団で眠れる日々に戻ることができました。

ご心配頂いた皆様、本当にありがとうございました。

 

ただ、私の暮らしは今しばらく平穏というわけにはいかないようです。
今週末、来週末、再来週末、その翌週・・・まさかのイベント4連発。
そしてそれに伴う新作ジオラマの製作に、その他いろいろな依頼。
もちろん、本文である仕事も忘れてはなりません。

そしてまだ、記事化できていない活動記録やジオラマの製作記がいっぱい。

 

DSC05850-s.jpg
こんなのとか、

 

DSC05874-s.jpg
こんなのとか、

 

DSC05371-s.jpg
こんなのとか。

 

 

忙しいタイミングに限って記事の書き溜めが底をついてしまい、記事を書くのもままならないという感じです。
5月から続く連続更新もそろそろピリオドでしょうか・・・無理やり内容の薄い記事を書くのも無駄な話ですが。

とはいえ、このままだと記事のネタが溜まる一方なのでどうにかしなければ。

 

そんな私ですが、生暖かく見守っていただけるとありがたいです。
どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 


更新休止のお知らせ [雑記]

おはようございます。

本日のブログで小矢部のイベントについてご紹介しようと思ったのですが、台風の接近に伴う大雨と強風で自宅がとんでもないことになり、更新どころの騒ぎではなくなってしまいました。

ちなみにこの記事を書いている途中「ドガン!!」と言う音がしたので外を見てみたところ、テレビの八木アンテナが大破して屋根からブラブラしていました。これはほんの一例です。現状では今晩寝る場所が確保できるかどうかも怪しいです。

本日も小矢部ではイベントが開催される予定ではありますが、このお天気ですからどうなるかは分かりません。
台風の直撃する地域の皆さんも、富山の皆さんも、お気をつけてお過ごしください。