So-net無料ブログ作成
地上複線のモジュール製作記 ブログトップ
前の10件 | -

1畳サイズのレイアウト「黒部チックなジオラマ」を作ろう(2) [地上複線のモジュール製作記]

IMG_20150226_135051-s.jpg
この1畳サイズのレイアウトを作っていた頃、新幹線開業直前ということもあって各マスメディアの方が取材に来られた。
中にはレイアウトの制作風景を撮影し、番組で紹介されたテレビ局もいた。

こんなグッチャグチャの作業風景なんて、使い物になったのだろうか。

IMG_20150304_224921-s.jpg
そんなことはさておき、田んぼの稲も生えてきたところで、手持ちの模型を使った撮影をしてみたり。

IMG_20150305_212907-s.jpg
製作途中ならこんな風に写真撮影するのに、完成するとあんまり撮影の題材に使わない不思議。

続きを読む


1畳サイズのレイアウト「黒部チックなジオラマ」を作ろう(1) [地上複線のモジュール製作記]

宇奈月温泉で「新幹線開業記念の企画として、鉄道模型の長期間展示をしたい」というご依頼を頂いたのは、今年2月のことだった。
その後、1か月かけてレイアウトを作り、新幹線開業の前日より1か月間、セレネ美術館で展示していただいた。
(その時の様子はこちら参照)
今回は、その製作の様子を少しご紹介したい。

DSC06227-s.jpg
KATOのレイアウト用パネル(600mm×900mm)を3枚つなぎ、900×1800mmのボードを用意。

今回、イベント実行委員会からお願いされたジオラマの内容は「黒部らしい雰囲気のもの」。
開業した新幹線のオーバルと、在来線(地鉄線)をイメージした地上の複線を配することにした。

DSC05239-s.jpg
この微妙なS字カーブ。

新幹線は直線と180°カーブの組み合わせで良いとして、地形や土地の事情に合せて敷設された鉄道が、一直線でいいとは思えない。

だからこそ、ところどころ曲げて、変化をつけるのだ。

続きを読む


看板付けましょ、ジオラマに。 [地上複線のモジュール製作記]

新作のU字型複線コーナーモジュール、解体工場(終わりの場所)とバイパスの工事現場(今から始まる場所)が同居している事から、名前を「終わりと始まりのコーナーモジュール」としました。

中二病くさいネーミングセンスですが、ご容赦ください。

DSC08694.JPG
「やってみっか市」会場でお披露目された「終わりと始まりのコーナーモジュール」。

そこそこ見るに堪える程度にできたと思いますが、やっぱり色々物足りません。
ちょっとした軽工作で、もう少しリアルさを増したいところですが・・・

DSC08941.JPG
小物・人形の類には制限がありますので、有り合わせでなんとかします。

いつものようにエクセルで看板作り。 印刷して、TOMIXの看板にペタリ。

続きを読む


いつものごとく、突貫工事。 [地上複線のモジュール製作記]

ぼちぼち製作中、新作のコーナーモジュール。

製作の開始は4月の下旬、しばらくは運転会の予定も無いしゆっくりと作ればいいや・・・なんて思っていたら、案の定「次の運転会」に間に合わなくなってきたのでした。

「くろてつの会」公式ページ上で何の告知もせずになにをやっているんだと言われそうですが、実は今日、黒部市内・三日市商店街の歩行者天国「やってみっか市」に出展していたのです。

こちらのトップページで紹介するつもりが、結局できませんでした。手抜かりでした・・・。

DSC08611.JPG
とりあえずベニヤ板を隠すくらいの努力はしたいもの。
いつも通りの障子のり+パウダー工法でババーーッと進めていきます。
まずは解体工場の地面から。KATOのユニトラック用バラストを使用しました。

続きを読む


かいたい・カイタイ・解体ショー [地上複線のモジュール製作記]

今日の話題を始める前に、近況を少し。

DSC08619.JPG
本日の昼前、黒部駅にローズピンク色のEF81が停車しているのを目撃しました。
ナンバーはEF81 107号。 寝台特急日本海の先頭にも立ったJR西日本の所有機のようです。

赤信号でしばらくの停止の後、ゆっくりと走り去っていきました。

DSC08489.JPG
もうひとつ。 近日開催予定のイベントに、ヤードを設置したいと思ったのですが・・・2月に製作したポイントスイッチ付きヤードは不調の嵐で使用不能状態。仕方がないので4代目のヤードを製作しました。

上り線用・下り線用の2つの区画を設け、以前のようにヤードから入出庫する列車が本線を塞いでしまい、上下線とも止まってしまうということは無くなりました。

これは、富山レールクラブさんが所有するヤードにヒントを得て作ったものです。なるほど、老舗クラブのアイディアは役に立ちます。勝手ながらこの場をお借りしてお礼申し上げます。

さて、ここからが本題。
以前に製作記を1回だけ掲載して放置状態だったコーナーモジュール。
やっと線路の内周に何を作るのか決めました。

私がお世話になっている静岡県・岳南電車沿線の模型店・フジドリームスタジオ501。
個々の常連さんで当ブログを愛読してくださっているヤマウチ氏の息子さんは、ヤマウチ解体という解体屋さんの社長です。

・・・といっても、社長は未成年。おもちゃや鉄道模型を面白半分に触って壊してしまう、という様子からつけられたジョークなのですが。
スタジオ501の常連さんで作るモジュールジオラマの中には、身内ネタとしてこの「ヤマウチ解体」の解体場が建てられているとの事。その話題を聞いて、私は何を思ったのか「ヤマウチ解体の黒部支店を作ろう」ということにしてしまいました。

DSC08559.JPG
トミーテックの中古車屋さんを事務所にして、工事現場の小物類を並べて、解体現場のイメージに。
ストラクチャーとしてはあまり好まれるジャンルではありませんが、はたしてどのようなジオラマになっているのでしょうか。

続きを読む


複線のコーナーモジュール・2作目製作中。 [地上複線のモジュール製作記]

私が製作しているような180°カーブを描くコーナーモジュールは、2枚作ってワンセットで使用するのが基本です。

単線の方は「神社のあるコーナーモジュール」と「お寺のあるコーナーモジュール」がありますが、複線の方は「団地のあるコーナーモジュール」だけしか完成していないので、もうひとつ製作する必要があります。

さて、どんなコーナーモジュールを作りましょうか?

DSC05380.JPG
ちなみに私が基本サイズにしている600mm×450mmのボードにR243カーブとR280カーブを設置すると、こうなります。

カーブの内側も外側もそこそこに土地があり、発展の余地がたっぷりあります。

DSC05381.JPG
そこにS70を追加すると、こうなります。
カーブの内側をメインにした「団地のあるコーナーモジュール」はこの線形です。

カーブの外側の土地が妙に細長く、道路ぐらいしか設置するものが思いつきませんでした。
では、思い切ってギリギリまで線路を伸ばすとどうなるでしょう?

DSC05379.JPG
カーブ手前にS140を追加した場合。

走行距離を最大限に伸ばすことができます。
が、カーブの内側は広すぎて何かともてあまし、カーブの外側は三角コーナーのような土地が2か所残ってしまって処理に悩まされます。

・・・が、何を思ったのかこの形でレールをクギ打ちしてしまった私。
以来1週間、この土地に何を製作するか悩んでしまい、製作が止まっております・・・

果たして、このコーナーモジュールはどのような成長をとげていくのでしょうか?
模型運転会の予定がしばらくありませんから、ノロノロ作ることになりそうですがよろしくお願いいたします。

今日のお話はここまで。
お読みいただき、ありがとうございました。


超短期工作、団地のあるコーナーモジュール(3) [地上複線のモジュール製作記]

思いつきで製作を始めた新作ジオラマ「団地のあるコーナーモジュール」、製作記の第3弾です。

DSC04767.JPG
3月20日  水曜日


集会所の前、公園になる部分にはタミヤの「情景テクスチャーペイント」(ライトサンド)を塗ります。
ザラザラした塗料だったので、今までヘラ塗りをしてきましたが・・・試しに筆塗りしてみると、こちらの方が均一に塗れて綺麗。筆もちゃんと洗えば、元通り。

今度からこの塗料を使う時は、筆塗りすることにします。 今までの苦労がバカみたい・・・。

続きを読む


超短期工作、団地のあるコーナーモジュール(2) [地上複線のモジュール製作記]

思いつきで作り始めてしまった新作モジュールの製作記、その第二弾です。

DSC04761.JPG
3月19日  火曜日

線路外側の道路部分と団地のアスファルト部分に板目表紙を接着。 ついでに団地の集会所も接着。
片方のコーナーは変電所スペースになりましたが、もう片方は定番のtomix・近郊住宅にしました。
塀はトミーテック・ジオコレシリーズの物(お寺のあるコーナーモジュールに使用した余り)を取り付けます。

架線柱は、変電所の部分以外は単線用の物を使用しました。複線用にすると、物理的に設置できない場所がでてきてしまうので・・・。

続きを読む


超短期工作、団地のあるコーナーモジュール(1) [地上複線のモジュール製作記]

3月17日・日曜日。

「田舎の駅のモジュール」を製作していた私は、ふと思いました。

「このモジュールは単線の交換駅としても複線の棒線駅としても使えるけれど、
せっかく静岡で展示をするなら複線で展示したい。でも、複線にするとコーナーモジュールが
足りないんだよなぁ。」

DSC04749.JPG
私が使用しているモジュール規格「600mm×450mm」では、180度カーブを製作しようとするとR280の単線しか敷くことができません。
一般的にtomixユーザーの間では「R280とR317で複線」というのがデフォルトになっていますが、そんな場所の余裕はありません。

しかし、tomixのレール規格には、R280よりも一回り小さいカーブだってあるのです。

DSC04751.JPG
外側にR280カーブ、内側にR243カーブを使って線路を敷くと、このように複線で180度カーブさせることができるのです。

今までR243カーブは、一部の模型車両が通過できない事を理由に使用していませんでした。
そういう車両は外側線のみを走行させれば良いということで、これを機に初導入。

さて、そうとなれば岳南鉄道イベントまでにもう1個のモジュールを作ってしまおうではありませんか。
1週間しかない上に「田舎の駅モジュール」と並行作業になりますが、なんとかなるでしょう。

DSC04752.JPG
3月18日 月曜日

次回作に設置するストラクチャーはコレだ! と決めていた、青島文化教材社の団地(インフルエンザの療養中に作っていたもの)を中心に配置を考え中。

続きを読む


ライン引き職人の夜は遅い。 [地上複線のモジュール製作記]

ノホホンと製作中、田舎の交換駅のモジュール。

色々ありまして、福島での展示に先立ち静岡・岳南鉄道の機関車祭りで展示することが決定しました。
流石に見苦しいものは展示できません。人に見せられる程度の「半完成品」にしていきます。

DSC04747.JPG
今日も今日とて、障子のりにカラーパウダーを混ぜて練り練り。

練れば練るほど色が変わって、こうしてつけて・・・・・・

DSC04748.JPG
テーレッテレー☆

障子のり工法のおかげで、パウダー撒きも苦になりません。


DSC04754.JPG
とりあえず4枚とも、道路かバラストか緑パウダーによってベニヤ部分の露出がなくなりました。

・・・あいかわらずの見苦しい作業環境で申し訳ございません。

続きを読む


前の10件 | - 地上複線のモジュール製作記 ブログトップ