So-net無料ブログ作成
検索選択
高架線のモジュール製作記 ブログトップ
前の10件 | -

コーナーモジュール「半完成」と次作のアイディア探し [高架線のモジュール製作記]

ショッピングモールを中心にした新幹線用コーナーモジュール製作記の続き。

DSC01403-s.jpg
ショッピングモール入り口には植え込みなんかを設置したい。ショッピングモールの名前を書いた看板も設置したい。大通りの中央にも、中央分離帯のような植え込みを設置したいと思う。


しかし、時間が足りず簡単な駐車場と道路の表現だけで終わってしまった(しかも道路の白線を破線にするのが間に合わなかった)のは申し訳なく思っている。

DSC01404-s.jpg
他には、大通り沿いに商店と民家を設置し、

DSC01405-s.jpg
教会には砂利(駐車場等の表現、グレーのバラスト使用)と芝生(黄緑系カラーパウダー使用)を撒き、

DSC01407-s.jpg
教会を設置して、だいたい完成。左手の妙な空き地には、モミの木のひとつぐらい欲しいところ。

DSC01342-s.jpg
庄川イベントに展示されたコーナーモジュール。
テクノホールイベントでは、もっと「見るに堪える」作品に仕上げたい。

さて、ジオラマの製作はこれ以外にも進めていかなければならない。なんてったって、テクノホールでの展示予定規模には、今回追加製作したジオラマだけでは追いつかないからである。

更なる新作のアイディアを練るため、富山市内を散歩してスナップを撮影してきた。

続きを読む


土地を合わせるより建物を合わせよ [高架線のモジュール製作記]

ショッピングモールのあるコーナーモジュール製作記のつづき。

DSC01263-s.jpg
ショッピングモールの駐車場にタミヤカラーの「スカイグレイ」を塗った。
高架下の部分に塗ったタミヤの情景テクスチャーペイント「道路ライトグレイ」とほぼ変わらない色調で、なおかつ撹拌ミスのためか筆の跡がハッキリ分かる姿になってしまった。

DSC01264-s.jpg
さて、道路際の空き地を順々に埋めていかなくてはならない。
大通りに面し、新幹線の高架に邪魔されて中途半端な土地が残ってしまった部分にはオフィスビルを。
しかし、スペースの都合2棟は建てられない。かといって1棟だけ建てて残りの場所を駐車場にするのはもったいない。

続きを読む


ショピングモール最強説 [高架線のモジュール製作記]

話はまた、庄川イベント開催前にさかのぼる。


昨秋の黒部市東部児童センターで開催された鉄道模型運転会で、川端鐵工さんが所有する北陸新幹線ジオラマの延長部という形で製作・使用した高架のコーナーモジュールがあった。
今回のイベントでは、それと対になるコーナーモジュールを用意する必要があった。

DSC01249-s.jpg
2枚組み合わせれば180°カーブ、1枚単位でも90°カーブに使える構成。
新幹線の走行を考え、R391/R354の複線を使用した。
問題はカーブの内側、妙に広い土地をどのようにして埋めるかという事だが・・・

続きを読む


Nゲージ、道路の白線どう引くの? [高架線のモジュール製作記]

本日、砺波市庄川町の 「道の駅庄川」にて開催されていたあゆまつりと鉄道フェア
御越しくださった皆様、ありがとうございました。

以下本文

 

モジュールを作っていて、道路の白線の引き方に疑問を持った私。
国道交通省のデータ(こちら)や各種サイトをにらめっこしながら、よりリアルに近い白線の引き方を勉強することにした。

DSC01233-s.jpg
ラインテープ(幅3mm)で横断歩道を表現した様子。
3mm空間を空けてテープ、また3mm空けてテープ・・・を地道に繰り返す。

横断歩道の横幅は20mmに設定した。


 

続きを読む


いつものように、ぼちぼち進める。 [高架線のモジュール製作記]

立体交差のジオラマ2作目。
今回は、新幹線と県道が在来線をオーバーパスする「ダブル立体交差」のジオラマにしようと思う。

DSC09785-s.jpg
ボードのサイズに合わせて道路橋に使ったTOMIXの高架橋を切断。
この高架橋の幅では、いくら主要道路とはいえ片側1車線にしかできない。しかし、1車線にしては幅が広すぎる。
帯に短し、タスキに長しといったところか。

DSC09787-s.jpg
そこで、高架橋に板目表紙を貼り付けた後に片側一車線の道路くらいの幅だけニュートラルグレーで塗装して・・・

続きを読む


ダブル立体交差はいかが? [高架線のモジュール製作記]

先日、新幹線と在来線(私鉄線)の立体交差モジュールを製作した。
しかし、双方をエンドレスで設置することを考えると・・・どこかでもう一か所、立体交差させなければならない。

DSC09720-s.jpg
ということで、先日のモジュールと同じ線路配置のベースボードを用意した。
何を作るか思案することしばし。おもむろにエンピツで道路を書いてみたり、ストラクチャーを置いてみたり。

DSC09724-s.jpg
とりあえず、左手前の土地マンションにした。
去年、とある団体さんから頂いたストラクチャーを活用。
そういえば、あの時お世話になった代表さん、元気にしていらっしゃるのだろうか。

続きを読む


ペーストとパウダーの合わせ技。 [高架線のモジュール製作記]

立体交差の新作モジュール、その後。

DSC00479-s.jpg
とりあえずベニヤの露出を無くすため、バラスト・パウダー撒きを実施。
まずはバラストから。「障子のり工法」で楽々完了。ついでに架線柱のベースも設置。

DSC00484-s.jpg
高架線が通る区間、道路と線路の間にある微妙な空き地はKATOのバラスト(ユニトラックタイプ)で埋める。

続きを読む


貼って塗ってホイ。 [高架線のモジュール製作記]

DSC09712-s.jpg
立体交差モジュール、頑張って製作中。
全景はこんな感じになる。

新幹線とその他の路線が直角に交差する所というのは、意外に少ないらしい。例を挙げようと思ったが、兵庫県西宮市の山陽新幹線と阪急今津線の交差くらいしか思いつかなかった。

今日も今日とて、私はモジュール製作に打ち込む。

続きを読む


バスの車庫を主役にする。 [高架線のモジュール製作記]

DSC09310-s.jpg
ターミナル駅のモジュール」を解体して作り始めた、新幹線と在来線の立体交差ジオラマ。
普通のモジュールなら線路がボードを二分しているだけなので情景が作りやすいが、この場合は四分割にされてしまうのでストラクチャーの配置に悩む。

DSC09707-s.jpg
手持ちのストラクチャーを仮置きして、あーでもないこーでもない・・・

続きを読む


新幹線モジュール、ちょっと手直し。 [高架線のモジュール製作記]

DSC09753-s.jpg
今年3月から4月にかけて、東京有楽町・東京交通会館の「いきいき富山館」に展示された新幹線と地鉄電車の立体交差ジオラマ。

この度、7月1日より8月8日まで「北陸新幹線先取りコーナー」として黒部市のにいかわ信用金庫桜井支店のロビーに展示されることが決まった。

DSC09756-s.jpg
しかし、ジオラマを改めて確認してみると・・・
移送中にこすってしまったのか、道路の塗装が剥げていたり

DSC09760-s.jpg
突貫工事だったためにビニールハウスがチョイ置きしただけだったり。

イベントに向けた新作ジオラマの製作も大事だが、既存のジオラマをより良くすることも大事だ。
それの出来ていないジオラマのいかに多い事か。(自分への戒め)

今回は、そういった部分に手を入れていこうと思う。

続きを読む


前の10件 | - 高架線のモジュール製作記 ブログトップ