So-net無料ブログ作成
検索選択

ハイブリッドLRV「ハイトラム」が万葉線に来ていた話。 [万葉線]

路面電車の走る風景と言えば、こじんまりとした車両、石畳かコンクリートで覆われた併用軌道、そしてビューゲルやパンタグラフを伸ばし、街中に蜘蛛の巣のごとく張られた架線を辿る・・・と考える人がほとんどだと思う。
しかし、その概念が過去のものとなる日は近いのかもしれない。

広島電鉄や福井鉄道のように、路面電車が大型化・長編成化する所も増えてきた。併用軌道は自動車の立ち入りを制限し、その周りに芝生を敷いた所もある。そして架線はセンターポール化(軌道の間に架線柱を立て、架線を支持するワイヤー類を無くしたもの)により街の景観に配慮する傾向もみられる。
さらには、「架線」自体が不要な路面電車の開発まで行われているのだ。
電停で電気を蓄え、次の駅まで充電した電気で走る・・・充電池を用いた、ハイブリッドLRVである。

そんな次世代のLRVが、高岡市・射水市を走る路面電車・万葉線に姿を現したのは7月1日のこと。21日~8月13日までの間、一般人を対象にした体験試乗会が開催されることとなったのだ。
北陸新幹線金沢延伸による新高岡駅の開業、それによる現在の高岡駅からの交通拠点の移動は、万葉線にとっても中心地の利便を考える行政にとっても悩みの種だという。以前から、バッテリー駆動の電車で城端線に乗り入れ、新高岡駅へ直通させるという構想は存在した。今回の試乗会は、その構想を現実のものにするための足掛かりなのだろうか。

DSC02366-s.jpg
イベント準備に追われる私は、ついにハイブリットLRVの走行する姿を見ることはできなかった。
しかし、8月11日・・・試乗会の開催されない日ではあるものの、用事があって高岡を訪ねた私は、ついにその姿を拝むことができたのである。

DSC02368-s.jpg
珍車来訪の折、万葉線・米島口車庫は厳戒態勢をとっているかと思いきや、なんと事務所に一言いえばあっさり見学が可能であった。万葉線、まさかの平常通りな対応である。

続きを読む


生まれ変わった高岡駅ビルと獅子舞祭りで区間運休の万葉線 [万葉線]

DSC06581-s.jpg
伏木の清水市内線65号修繕活動のついでに、高岡駅前を訪ねた。
高岡駅ステーションデパートが建て直され、「クルン高岡」として生まれ変わった。

DSC06583-s.jpg 
駅ビル開業とともに旧氷見線ホームを潰して供用されていた高岡駅北口仮駅舎・バスターミナルも移動した。
そして何より注目すべきは、万葉線が延伸して駅ビルの中に電停が入った事である。

 

DSC06582-s.jpg 
旧高岡駅前電停跡地。写真中央に見える地下道入り口の辺りにホームがあった。

ここから駅ビルまでの間は、芝生軌道になっている。

DSC06584-s.jpg 
そして線路は、駅前ロータリー用の踏切を過ぎて駅ビルの中へ。

続きを読む


万葉線電車祭り+非冷房車祭り [万葉線]

6月8日は、万葉線米島口車庫にて電車祭り開催。
毎年、6月10日「路面電車の日」に併せて開催しているもので、過去の内容といえば除雪車デ5022号やアニマル電車の展示、部品販売、ミニ電車運転などなど。
かつてはこのイベントで、縁日屋台のスタッフに飛び入り参加した事もありました。

DSC08973.JPG
今年のメインイベントは、アイトラムを使った運転体験。実際にマスコンを触って車庫線内を運転できるというもの。
「試運転」表示を出しているアイトラムがその車両です。

お子様向け企画なのだと思いますが、年甲斐も無くやってみたくなった私。
午前9時から受け付け開始という話だったので、早起きして受付に並ぼう・・・と思っていたのですが、

DSC08988.JPG
うっかり寝坊して間に合いませんでした。 あーあ。

続きを読む


1年ぶりの万葉線・・・ドラえもん電車を追え! [万葉線]

5月1日、加越能鉄道加越線の遺構を巡った後、城端線・二塚駅の貨物列車を見ようと思ったら運休だったのでショボーンな私と友人Y。

そのまま高岡市内へと車を進めると、道路上に無数のひっかき傷が。
ああ、これは曳山を転がした跡・・・今日は微妙な天気だったけど、「高岡御車山祭り」は予定通り行われていたのか・・・
さらにショボーンとする2人。でもいいじゃないか、加越線めぐりは楽しかったんだもの。

DSC06088.JPG
万葉線(そういえばこの路線もかつての加越能鉄道・高岡市内線)の線路沿いに米島口車庫へ向かっていると、前方にデ7070形の回送列車を発見。

曳山を曳き回す都合、御車山祭りの開催時間内は高岡駅前~坂下町電停間が運休となり、臨時電停の待合所代わりに旧型車が用いられる・・・というのは、ちょうど1年前の5月1日にこの地を訪問した際に知った事。

どうやら、その待合所代わりの車両が回送されているようです。

DSC06096.JPG
余裕を持って追い抜かすことができたので、米島口車庫への入庫を撮影しました。

 

続きを読む


春の万葉線(3) 春の花咲く街角に [万葉線]

あらすじ

高岡市の万葉線を訪ねた私。
お祭りもいいけど、路地を突っ切る路面電車もいいよね。


DSC00545.JPG
中伏木駅にて。
元交換駅だった名残として、高岡方のホームが「交換していた時代の物」「棒線駅になって追設した物」と2つ並んで設置されています。
旧ホームは花壇になっていて、季節の花が咲き誇っていました。

続きを読む


春の万葉線(2) 路地を行く路面電車 [万葉線]

あらすじ

高岡・万葉線を訪ねた私。
高岡御車山祭りのため区間運休となった万葉線、軌道上を走る山車は迫力満点でした。


DSC00485.JPG
坂下町交差点にて。
山車が通過し終わると同時に、架線の復旧作業が開始されました。
14時までには復旧させたいので、大急ぎで作業に取り掛かります。

続きを読む


春の万葉線(1) 軌道を「山車(ヤマ)」が走る日 [万葉線]

5月1日、私は富山県高岡市にいました。

万葉線沿線の行事でもっとも大規模かつ有名な、高岡御車山(みくるまやま)祭りを見物するためです。


DSC00324.JPG
万葉線・米島口車庫にて。 検修庫には新型除雪車とコカコーラ電車の姿が。
そして車庫の主であり今冬で引退したデ5022号が、いつものように鎮座していました。

続きを読む


万葉線・デ5022号…突発!夜間撮影会 [万葉線]

2月17日夜、 天気・吹雪。

寒波の再来により、大雪となった地元・富山。JRは遅れ、路面電車は運休し、除雪された雪が行き場を失ってうず高く積まれる有様。

これだけ降れば高岡・万葉線の除雪車・デ5022号だって動くのでは?…と思い、友人Y・ヒロ師匠と共に高岡へ。

しかし・・・高岡市内はほとんど積雪無し。富山の吹雪との格差に驚かされました。
それでも、一縷の望みに全てをかけて・・・私たちは米島口へ向かいます。


DSC05567.JPG
1:54 万葉線・米島口車庫にて。 よく見るとデ5022号のパンタグラフが上がっています。
これはひょっとして期待できるかな・・・?

続きを読む


万葉線・霜取り運転…雪は無くとも霜は取る [万葉線]

1月27日金曜日深夜。 天気・微妙に雪。

現在の富山高専・鉄道部員である後輩Kと後輩Sを引き連れて、ひょっとしたらデ5022号の除雪運転があるのでは? と再び高岡市・万葉線の米島口車庫に出没した私。


0158.JPG
1/28 1:58 万葉線・米島口車庫にて。 2:00頃の天気をみて除雪列車の運転・運休を決めていると教えてもらったので、車庫近くで張り込んでみたものの…2時半を過ぎても動きは無し。今日はスカだったか・・・。

続きを読む


万葉線の除雪車・デ5022号再び!(2) [万葉線]

あらすじ

高岡・万葉線の除雪車デ5022号を撮影に行った私達。
しかしピンボケ・ブレブレ写真の連続でガッカリ。


DSC04646.JPG
1/26 4:28 市民病院前電停にて。
後半戦の始まりは、併用軌道区間内きっての明るい撮影スポット、市民病院前から。
カレーうどんの名店「吉宗」へは、こちらでお降り下さい。

続きを読む