So-net無料ブログ作成
検索選択
千葉・茨城の町と鉄道 ブログトップ
前の10件 | -

大洗・ガルパン聖地gdgd巡礼の旅(5) [千葉・茨城の町と鉄道]

 アニメ「ガールズ&パンツァー」の聖地・大洗を訪ねた私と友人・飛越氏。

DSC03681-s.jpg

大洗リゾートアウトレットに隣接する、大洗マリンタワー。

ガルパンの作中やポスター等にもよく出てくる、大洗を象徴するような建物。

DSC03684-s.jpg

1階は観光案内所とお土産コーナー、2階はガルパン喫茶「Panzer vor」、3階が展望室。(入場料が必要)

エレベーターから先は有料エリアになるが、係員さんに「パンツァーフォーに行きます」と言えば、無料で入場可能。

DSC03685-s.jpg

1階には大洗女子学園「あんこうチーム」の皆さんの等身大パネルが。

左から五十鈴華さん、秋山優花里さん、主人公・西住みほさん、武部沙織さん、冷泉麻子さん。

町中の等身大パネルでは発見しきれなかったメインキャラ5人を一度に拝め、一安心の我々であった。

DSC03686-s.jpg

「2階」といえど、展望室の真下ということで地上からの高さは約50m。大洗の街並み、水戸の町へ続く大洗鹿島線の高架がよく見えた。

店内にはドラマCDが流れ、給仕をするアルバイトさんは男性がアーミールック、女性が大洗女子学園の制服。
なお店内に聖グロリアーナ女学院のローズヒップさんの等身大パネルがあったらしいが、うっかりして確認しそびれた。何をしているんだ。

続きを読む


大洗・ガルパン聖地gdgd巡礼の旅(4) [千葉・茨城の町と鉄道]

 アニメ「ガールズ&パンツァー」の聖地・大洗を訪ねた私と友人・飛越氏。 

 

DSC03642-s.jpg

「味の店たかはし」もファンの間で有名なお店のひとつ。

佇まいだけで痺れる。

 

 

DSC03640-s.jpg

ここの等身大パネルは大洗女子学園の五十鈴華さん。

年末公開予定の新作で生徒会長になることが決まり、お店の人からタスキがプレゼントされた。知らなかった人にとっては壮大なネタバレだが、それもまたご愛敬。

DSC03641-s.jpg

お店の中ではご婦人方がせっせと団子作りに精を出す。

鉄板で焼いた団子は昭和レトロな炊飯ジャーに入れられ、注文が入ると串に刺されて、これまた昭和レトロな炊飯ジャーに入った蜜をかけてきな粉をまぶし、手渡される。このお店の名物「みつだんご」は5本単位で注文可能。

フワフワした食感とほんのり甘い蜜がいい感じ。ただ、急いで食べるときな粉でむせるので要注意。

 

ごちそうさまでした。

 

続きを読む


大洗・ガルパン聖地gdgd巡礼の旅(3) [千葉・茨城の町と鉄道]

アニメガールズ&パンツァー」の聖地・大洗を訪ねた私と友人・飛越氏。 

DSC03581-s.jpg

海岸沿いの道から大洗磯前神社に入る道。右手には大洗ホテル。

劇場版の「右にフェイント入れてから左の道に入る」場所であり、前回の記事で乗車したバスが、疎開する主人公たちを乗せて上っていった道であもある。

 

DSC03583-s.jpg

「バスがだんだん別れていくね」というつぶやきとともに、松林の向こうに見えた大洗ホテル。

 

DSC03584-s.jpg

その坂道を上り、右手にあるのが大洗磯前神社。そちらに入らず左方向に向かうと、大きな通りを跨ぐ橋に出る。
奥に海岸通りとの交差点、そして太平洋。右手に大洗の商店街がある。

テレビシリーズでの親善試合では、この先に見える交差点付近を走る描写があった。
劇場版では、サンダース大付属高校に疎開させていた戦車を輸送機(C5Mスーパーギャラクシー)から投下するシーンが展開された場所である。

ここで電話をかけたくなるのは私だけであろうか。

 

続きを読む


大洗・ガルパン聖地gdgd巡礼の旅(2) [千葉・茨城の町と鉄道]

アニメガールズ&パンツァー」の聖地・大洗を訪ねた私と友人・飛越氏。 

DSC03538-s.jpg

最初にやって来たのは、アクアワールド大洗。

DSC03541-s.jpg 

サメやマンボウが有名な水族館とのことだが、

 

DSC03543-s.jpg 

我々の興味は、その駐車場にあった。

 

続きを読む


大洗・ガルパン聖地gdgd巡礼の旅(1) [千葉・茨城の町と鉄道]

「皆さんにお聞きします。  ・・・オーケストラって、いいでしょう?」

 

 新宿・初台の「東京オペラスシティ」。演奏に聞きほれた聴衆に向けて、東京フィルハーモニー交響楽団の指揮者・栗田博文氏が質問した。

聴衆は割れんばかりの拍手と歓声で、それに応える。

その時、会場内の全員がこう思っていたはずだ。

「オーケストラは、いいぞ。」

と。

 

2012年にテレビシリーズが放送されたアニメ「ガールズ&パンツァー」、通称「ガルパン」。
戦車に乗って戦う武道「戦車道」というものが存在する日本を舞台に、高校生戦車道の頂点を目指す女子の活躍を描いたアニメである。武道という設定上登場人物が死傷することがなく、「友情、努力、勝利」という王道の展開が繰り広げられたこともあってか、たちまち大ヒットとなった。OVAや劇場版作品も公開され、今年の年末には新シリーズの公開もあるという。劇場版公開当初、見た人たちが感想をベラベラと語らず「ガルパンはいいぞ」とだけ発言するのが流行したことも、記憶に新しい。

そして劇中の音楽もまた、世界各国の軍歌や行進曲をアレンジしたものをはじめ、軽快で高揚感のあるオリジナル行進曲が人気を博した。

それらの楽曲を、名門・東京フィルハーモニー交響楽団の演奏と主人公役の声優・渕上舞氏の朗読で楽しむコンサートが開催されたのは、2015年11月のこと。これが大好評だったため、追加公演が行われた。私と友人・飛越氏は、その最終日・夜の部の公演に足を運んでいた。

音楽を聴いて涙が出てくるとは、思わなかった。美しい音色が体に止め処なく貫いていくかのような、素晴らしいいコンサートであった。

 

その余韻に浸りながら、常磐線に飛び乗った2人。我々にはこの気分のままで、訪ねたい場所があった。

 

DSC03463-s.jpg

茨城県の中心地・水戸市の玄関駅、水戸駅。

DSC03491-s.jpg

構内には今や希少種となってしまったEF81や「ゆうマニ」、

 

DSC03477-s.jpg 
今なお活躍を続ける209系顔の交直両用電車 E501系、

 

DSC03489-s.jpg 
既に常磐線から撤退し新潟地区へ転属したものの、売店の外観にその姿を残すE653系などがいたが、我々の目的はそちらではない。

 

DSC03467-s.jpg 

「ガルパン」の主人公達が通っている架空の公立高校は「大洗女子学園」。その本拠地(書き方が正しいのかどうかは分からないが、説明すると長いので省略)となっているのが大洗町。アニメの中には実際の大洗の町がCGで登場し、町の中で戦車を乗り回しドンパチやり合うシーンが展開された。

そんな「聖地」たる大洗には、アニメ放映から5年が経とうとしている現在でも多くのファンが足を運んでいるという。我々も鹿島臨海鉄道・大洗鹿島線の列車に乗り、大洗を目指した。

 

続きを読む


ひたちなか海浜鉄道と「終着駅サミット」(3) サミット、その帰り道すがら [千葉・茨城の町と鉄道]

7/30、茨城県ひたちなか市・ひたちなか海浜鉄道を舞台に開催された「第4回終着駅サミット」+「第3回ローカル鉄道サミット」。  

DSC08452-s.jpg
基調講演は、鉄道大好きミュージシャン・向谷実氏。
鉄道から生まれるスマイルについてをテーマに、各地の鉄道会社の取り組みを紹介していた。

笑いあり音楽あり、楽しい講演だった。 

 

DSC08457-s.jpg 
講演中のスナップより。若桜鉄道で行われた、バイク愛好家を巻き込んだイベントの様子。

鉄道ファンならずとも楽しめるイベントを企画することによって、本来無かったはずの需要が生まれる。
それで楽しいひと時を過ごせたら、バンバンなのだ。

 

続きを読む


ひたちなか海浜鉄道と「終着駅サミット」(2) 旧型気動車の今 [千葉・茨城の町と鉄道]

7/30、茨城県ひたちなか市・ひたちなか海浜鉄道を舞台に開催された「第4回終着駅サミット」+「第3回ローカル鉄道サミット」。 

DSC08402-s.jpg
参加する前に立ち寄った那珂湊駅。
この日はひたちなか海浜鉄道を支える地元団体「おらが湊鐡道応援団」の方々によるサービスステーションが開設されていた。

駅を訪れた観光客に、乗り換えバスの案内や駅付近の見どころを丁寧に説明していた。
 

 

 

 

DSC08382-s.jpg
応援団の皆さん、地域の皆さんに支えられて、赤字ローカル線は延伸の話題が出る程に活気を取り戻した。

 

DSC08383-s.jpg
ユニークなサービスを発見。
最新のデジタル一眼レフカメラを、1時間単位で貸していただけるという。
楽しい旅の思い出を、美しい風景を良いカメラでパチリ。

なお、SDカードは持参する必要があるのでご用心。

 

 

 

続きを読む


ひたちなか海浜鉄道と「終着駅サミット」(1)3年ぶりの那珂湊 [千葉・茨城の町と鉄道]

DSC08337-s.jpg
7/30
早朝の北陸新幹線で上野駅へ。

 

DSC08340-s.jpg
上野駅からは、初めての常磐線特急に乗車。
「ひたち」がE657系に統一され、「フレッシュひたち」「スーパーひたち」という呼称が無くなってしまったのが未だになじめない。ただ、新しく設定された特急「ときわ」のネーミングは良いと思う。

DSC08349-s.jpg 
広々とした開放的な車内、座席にはコンセントもある。
「ひたち」は全席指定のようだが、お客さんでワヤワヤということもなく、静かに過ごせた。

今日の目的地は茨城県ひたちなか市。
過去3回、北陸で開催されてきた「終着駅サミット」が、今回はひたちなか海浜鉄道を舞台に開催されることになった。その講演を聞きに来たのである。

 

 

 

続きを読む


たのしい春の銚子電鉄(4) [千葉・茨城の町と鉄道]

DSC09419-s.jpg
銚子電鉄・本銚子駅で下車。
駅名看板の傷みが激しくなっており、ちょっと心配。

DSC09422-s.jpg
この駅をオーバーパスする歩道から、「木のトンネル」の俯瞰が撮れる。
だいぶ葉桜になってしまっていたが、銚子電鉄唯一の桜+電車スポットで1枚・・・

DSC09457-s.jpg
しかし、木のトンネルは車体が陰に入ってしまいがち。
時間帯によっては、列車も明るく撮れたろうが、ちょっと失敗してしまった。

続きを読む


たのしい春の銚子電鉄(3) [千葉・茨城の町と鉄道]

DSC09304-s.jpg

雨の銚子駅、銚子電鉄ホーム。
かつてのマスコットキャラ、ゴリラのマークが見える。

DSC09305-s.jpg
ホームの待合スペースには、ささやかな展示コーナーが。
外川駅の昭和ノスタルジー館よろしく、ここにもノスタルジックな展示品が並んでいた。
銚子電鉄は、そっち方面で年配の方々を魅了する作戦に出たのだろうか。

DSC09310-s.jpg
入線してきたのは、元営団地下鉄銀座線の1001号。

続きを読む


前の10件 | - 千葉・茨城の町と鉄道 ブログトップ