So-net無料ブログ作成
富山地方鉄道(保線・除雪) ブログトップ
前の10件 | -

富山地方鉄道DL-14号 電鉄黒部~宇奈月温泉間の除雪(2) [富山地方鉄道(保線・除雪)]

引き続き、富山地方鉄道本線・電鉄黒部~宇奈月温泉間で行われた除雪作業の様子を。 

DSC03305-s.jpg

内山~音沢間、踏切に差し掛かるDL-14号。進行方向右手に道路、左手に民家があるため、進行方向に雪を投げながら進む。民家が無くなった所でシュートを左に向け、線路に溜めてきた雪を一気に捨てる。

DSC03318-s.jpg 
除雪車が走り去った後には、独特な形をした雪の壁ができる。

(踏切から後撃ち・警報機が鳴りやんでから撮影)

 

DSC03345-s.jpg

音沢から宇奈月温泉にかけての道路状態は非常に悪く、道路の除雪車がまだ来ていなかったため道なき道を時速20km程で走らなければならなかった。ハンドルは取られるわ、嵌って動けなくなるわ・・・同行のてっちゃん氏には、何度も助けていただいた。やはり車は4WD車にしておくべきだったか。

そんなトラブルがありつつも、無事に撮影予定場所でDL-14号を捉えることができた。 音沢~宇奈月温泉駅間(陸橋を渡った後の辺り)にて

 

続きを読む


富山地方鉄道DL-14号 電鉄黒部~宇奈月温泉間の除雪(1) [富山地方鉄道(保線・除雪)]

DSC03176-s.jpg
久々にまとまった雪が降るという予報の出た日、23:30の富山地方鉄道・電鉄黒部駅。

車庫線に入ってきた10030形が電源を落とす準備をしている。

 

 

DSC03179-s.jpg 

営業列車の1日が終わろうとする頃に、明かりが灯る建屋がある。保線作業員さんたちの詰所だ。

今晩は、どうやら電鉄黒部駅~宇奈月温泉駅間でロータリー除雪車の運転があるらしい。

 

 

DSC03182-s.jpg 
ヤカンを持った作業員さんが、ロータリー除雪車DL-14号に乗り込む。凍結してしまった箇所を溶かすお湯が入っているのだろうか。

これから、DL-14号の長い夜が始まる。 

続きを読む


冬でも保線! 富山地鉄、軌道維持への奮闘 [富山地方鉄道(保線・除雪)]

DSC_0429-s.jpg

それは、ある雪の日の午前0時半ころだった。仕事を終えてコンビニでおでんを買い込み、今から一杯やろうかという気持ちで車を走らせていた私の目に飛び込んできたもの・・・それは、降りしきる雪の中で作業を行っている、富山地方鉄道の保線車両と作業員さん達の姿であった。

 

 

DSC_0431-s.jpg

冬場に保線作業をすることなど、今まで無かったような気がする。大概、雪の降る前に駆け込みで作業を行った後は、春先まで何もやらないはずだ。しかし事実、目の前では保線モーターカーがクレーン付き長物車を引き連れ、何かをしている。

私は買ったおでんが冷めていくのも気にせず、カメラを手に車から降りた。

 

続きを読む


富山地方鉄道 バラストの突き固め作業を目撃 [富山地方鉄道(保線・除雪)]

先日、富山地方鉄道がデキ12021号-ホキ81・82号によるバラスト散布を実施していた頃のこと。
深夜の屋外から、時ならぬ轟音が聞こえてきた。

DSC03081-s.jpg 
外に出てみると、地鉄の線路上に重機が。周囲には多くの作業員さんの姿も。

 

DSC03089-s.jpg
線路上も走行可能な小型のパワーショベル。そのアームの先には、細かく上下に振動する爪が何本も付いている。
これは「タイタンパー」という装置であり、枕木と枕木の間に見えるバラストに突き刺し振動させ、バラストの隙間を無くしていくのだ。
「突き固め」と呼ばれるこの作業は、 乗り心地の良さもさることながら安全な運行の為に欠かせないものである。JRや大手私鉄では、「マルチプルタイタンパー」という大きな保線機械でこの作業を実施している。

冬が終わり、本格的な観光シーズンを前に大規模な保線作業が各地で行われているようだ。

 

DSC03071-s.jpg 
重機に向けて照明を当てる保線作業車。
稲荷町テクニカルセンターで秋に開催されている「ちてつフェスティバル」で子供達を乗せている保線車があったが、どうやら本来はこのようにして使用するらしい。

 

DSC03087-s.jpg
突き固めを終えた線路は、作業員の手で散らかったバラストを直していく。

 

 

DSC03117-s.jpg
10分でおよそ30メートル、ゆっくりながら確実に行われていく保線作業。
大きな音を伴う作業のため、深夜の沿線住民から苦情が出ていないか心配なところ。
しかし、地鉄電車の安全のためにも、こういった作業は積極的に進めてほしいと思う。

 

今日はこれにて。
お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 


富山地鉄デキホキ撮影会2015(2) [富山地方鉄道(保線・除雪)]

去る5月16日に開催された、「神岡濃硫酸倶楽部」主催による富山地方鉄道デキ12021-ホキ81-ホキ82号撮影会の続き。

DSC01725-s.jpg
電鉄黒部駅にて、バラスト積載作業。
架線位置の都合により、一度待避線にてデキ12021号を宇奈月温泉方に付け替えてから積載用の側線へ入線させる。

DSC01731-s.jpg
特別に許可を得て、参加者は電鉄黒部駅の砂利積み場所から入線の様子を見ることができた。

DSC01733-s.jpg
初めて見る、ホッパー貨車の内部。
今からここに、バラストが満載される。

続きを読む


富山地鉄デキホキ撮影会2015(1) [富山地方鉄道(保線・除雪)]

去る5月16日、鉄道愛好家の集まり「神岡濃硫酸倶楽部」さん主催の富山地方鉄道・デキ12021-ホキ81-ホキ82号編成による撮影会が開催された。

今回も撮影会にお誘いいただけた事に、この場をお借りしてお礼申しあげます。
当日ご一緒した皆様、朝から雨に降られる微妙な天候の中ではありましたが、撮影お疲れ様でした。
また、一部撮影場所でご迷惑おかけしましたことをこの場をお借りしてお詫び申し上げます。

以下、撮影順に「デキホキ」の勇姿をご紹介。

DSC01430-s.jpg
本線越中荏原~越中三郷間 常願寺川橋梁にて

この日は、友人Yの運転する車で参加。
車の助手席に座ってフォトランに参加するのは、初めてだ。
運転しなくていいのは、楽ちん。

DSC01458-s.jpg
立山線沢中山~岩峅寺間 県道15号陸橋にて。

DSC01486-s.jpg
この日の朝は、雨に降られるわ濃い霧が出るわで大変だった。
立山線岩峅寺~横江間、霧の中から現れたデキホキ。

続きを読む


富山地鉄・春のバラスト散布を捉えた(3) [富山地方鉄道(保線・除雪)]

DSC07703-s.jpg
黒部宇奈月温泉駅からの路線バスが、踏み切りで通せんぼ。

DSC07706-s.jpg
電鉄黒部駅前には、バラストを積んだトラックが待機していた。
2両のホキ車を満杯にするためには、トラック4台分のバラストが必要らしい。

DSC07718-s.jpg
勢いよく注がれていくバラスト。散布の騒音よりもけたたましく、ダイナミック。

続きを読む


富山地鉄・春のバラスト散布を捉えた(2) [富山地方鉄道(保線・除雪)]

DSC07460-s.jpg
先日、電鉄黒部駅前に出現した立て看板。
これにより、富山地鉄がバラスト散布列車を走らせることが周辺住民の知るところとなった。

で、今日はその積み込み日。主役は既に、そこにいた。

DSC07465-s.jpg
朝のラッシュ時間を迎え、活気づく電鉄黒部駅。朝日を浴びながら、デキ12021号は出発の時を待っていた。

DSC07471-s.jpg
行き先幕から「JR」の文字が無くなった黒部・生地循環線の青バス。
新幹線駅への新路線開業に新車投入、黒部の青バスもそろそろ余命が心配になってきた。

続きを読む


富山地鉄・春のバラスト散布を捉えた(1) [富山地方鉄道(保線・除雪)]

昨年末、富山地方鉄道が保有する電気機関車「デキ12021」の塗装が塗りなおされた事が、一部の地鉄ファンの間で話題となっていた。

なんでも、当時の色見本を引っ張り出してきて、黒四建設の資材輸送などに活躍していた往年の色合いを完全再現したらしい。

そんなデキ12021号が担当する仕事は、稲荷町車庫の入れ換え作業と、年に1度くらい運行される線路のバラスト散布。
そのバラスト散布が行われるという話を、人づてに聞いた。

DSC07209-s.jpg
ある日の稲荷町車庫。

彼は、確かにそこにいた。

DSC07215-s.jpg
サビが浮き、ボロボロだったのが見違えるような姿に。

DSC07221-s.jpg
普段は上市駅に留置されているバラスト散布用貨車(ホキ81・82)を従え、既にバラストを満載して準備万端の様子。

続きを読む


地鉄本線ロータリー除雪車DL-14号の帰還 [富山地方鉄道(保線・除雪)]

それは、1月18日未明のことだった。
夜勤を終えて帰ろうとしたら、外は結構な勢いで雪が降っていた。
これはもしや、地鉄本線の除雪車が出ているのでは・・・と思い、電鉄黒部駅へ。
すると、ロータリー除雪車DL-14号の姿が無かった。
やはり、出動していたのか。
急いでその後を追う。
いったいどこまで行ってしまったのか、線路の除雪状況を確認しながら舌山・浦山・下立と移動した。

 

DSC04251-s.jpg
すると、下立駅前に到達したところで警報機が鳴り出した。

 

DSC04254-s.jpg
宇奈月温泉駅方から、眩いヘッドライトが近づく。
DL-14号だ。

 

DSC04258-s.jpg
降雪予報に反して、それほど降らなかったということだろうか。
前回よりも格段に早く除雪作業を終わらせ、すでに帰路についていたのである。

 

続きを読む


前の10件 | - 富山地方鉄道(保線・除雪) ブログトップ